忍者ブログ
新宿区若松町。
都心にありながら、通りや路地裏には時代時代の痕跡が残っています。
人とのつながりを楽しみながら、新しい歴史を一緒につくりませんか。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回の私の記事では、
この建物をシェアハウスに変えようと思った理由をお伝えしました。
http://coreushiwaka.edoblog.net/Entry/21/

今回は、設計を担当してくださっている樹さんと
広報などを担当してくださっている碧さんを
プロジェクトに巻き込んだ経緯をお話したいと思います。

*
さかのぼること8年ほど前、
私が一人暮らしをするために
初めて物件探しをしたときのこと。

1Rや1Kの部屋というと、ミニキッチンのところが多く、
大概、床はクッションフロア。
まぁ当たり前と言われるかもしれません・・・でも、
一人暮らしだからって料理しないわけじゃないし
仕上げ材だって、選択肢があってもいいのでは?
そう思ったのです。

その想いを、実現させたかった、今回の計画。
先に書いた個性のない1Rとなんら変わらないアパートだった建物を、
兼ねてから私が考えてきた、

「非日常空間は、何でもアリだけど、
日常暮らす場所は、有機的に。」

「自然に、無理なく、日本人として心安らぐ空間。」

として生まれ変わらせたい!と思って、
兼ねてからお付き合いのあった樹さん・碧さんに
お声をかけさせてもらいました。

樹さんは、HP http://www.prana-trees.com/
をご覧になっていただければお分かりになるかと思いますが、
自然と共にある暮らしを大切になさっている建築家です。

そして、碧さんはその名の通り、
「みどりを活かした暮らしづくり」のお仕事をされている方。

お二人が力を貸してくだされば、もう怖いものはない!
こうして、プロジェクトは動き出したのでした・・・

by 麻
PR
PROFILE
HN:
CORE 牛込若松
性別:
非公開
自己紹介:
新宿から8分、若松河田駅から2分。

築50年の建物を、無垢材や漆喰など自然素材を活かして改修中。充実したキッチンや共用空間、ゆったりとした個室、みんなでつくる庭。屋上からは新宿の高層ビルや花火も見えます。

実はこの町、江戸城に門松を献上していたから「若松町」という名がついたとか。江戸のお稲荷さん、大正のレトロ建築、懐かしい雰囲気の商店街も残っています。

この町で、住人仲間はもちろん、町の人たちともゆるやかにつながる。シェアハウスから広がる暮らし、はじめませんか?
CALENDER
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
COUNTER
アクセス解析


忍者ブログ [PR]