忍者ブログ
新宿区若松町。
都心にありながら、通りや路地裏には時代時代の痕跡が残っています。
人とのつながりを楽しみながら、新しい歴史を一緒につくりませんか。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CORE牛込若松に改修しようとしている建物は、ちょっと変っています。
建築されたのは1958年。既に50年以上経っています。

当時、オーナーさんのお父様が、印刷関係のお仕事をされており、小さな工場とお住まいの為に建てられました。工場の部分はブロック造、住宅の部分は木造。今でいうと混構造の建物です。

まずは、ブロック造のところをご紹介します。




外壁はすっかり、蔦に覆われています。
茂ってくると室内からはこんな感じ。






蔦の生命力はすごいものがありますね。
なんと、室内にも侵入しています!

向かい側のマンションの壁にも、、。
この窓、スチールサッシです。昔の学校やビルはみんなそうでしたが、今は殆どがアルミサッシ。
細い枠で、重さがあって、趣があります。いまや、とても貴重です。

秋は真っ赤に紅葉するこの蔦を眺めながら、、
四季折々楽しめる、蔦陰の館。さあ、どんな風に改修致しましょうか。


by 樹
PR
PROFILE
HN:
CORE 牛込若松
性別:
非公開
自己紹介:
新宿から8分、若松河田駅から2分。

築50年の建物を、無垢材や漆喰など自然素材を活かして改修中。充実したキッチンや共用空間、ゆったりとした個室、みんなでつくる庭。屋上からは新宿の高層ビルや花火も見えます。

実はこの町、江戸城に門松を献上していたから「若松町」という名がついたとか。江戸のお稲荷さん、大正のレトロ建築、懐かしい雰囲気の商店街も残っています。

この町で、住人仲間はもちろん、町の人たちともゆるやかにつながる。シェアハウスから広がる暮らし、はじめませんか?
CALENDER
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
COUNTER
アクセス解析


忍者ブログ [PR]