忍者ブログ
新宿区若松町。
都心にありながら、通りや路地裏には時代時代の痕跡が残っています。
人とのつながりを楽しみながら、新しい歴史を一緒につくりませんか。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「若松町歴史発掘町めぐり」が今週末に迫って参りました!
申込み締め切りは、7日、今日です!まだの方、お急ぎ下さいね!

さて、現場はというと、大工さんが壁や天井下地の作業中。

床は、東京の木、多摩産の杉の無垢板を貼っています。
杉は柔らかいのでキズはつきやすいのですが、足触りは柔らかく、暖かくとっても心地いいです。

それに、東京の木を積極的に使うことは、東京の森、山、水を守ることにもつながるんです。
たとえ少しの量でも、そんな気持ちを大切に。




おや、現場にあまり見慣れない道具が、、、。

これは、「ちょうな」。最近はあまり見かけなくなりましたが、材料をわざと荒削りに、名栗仕上げにしたいときなどに、たまに使われるようです。

なんで、ここにあるか?

その秘密は、、、次回のお楽しみ!

町巡りに参加される方は、現場見学でその謎、解けますよ!


by 樹






PR
PROFILE
HN:
CORE 牛込若松
性別:
非公開
自己紹介:
新宿から8分、若松河田駅から2分。

築50年の建物を、無垢材や漆喰など自然素材を活かして改修中。充実したキッチンや共用空間、ゆったりとした個室、みんなでつくる庭。屋上からは新宿の高層ビルや花火も見えます。

実はこの町、江戸城に門松を献上していたから「若松町」という名がついたとか。江戸のお稲荷さん、大正のレトロ建築、懐かしい雰囲気の商店街も残っています。

この町で、住人仲間はもちろん、町の人たちともゆるやかにつながる。シェアハウスから広がる暮らし、はじめませんか?
CALENDER
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
COUNTER
アクセス解析


忍者ブログ [PR]